私が知る限りの麻雀戦略、麻雀戦術、麻雀知識、思いついたことなどを書き記すノート

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-03-18 Sun 22:26
トイツ0形とトイツ1形の比較 その2
シュンツ手のイーシャンテンで、メンツとターツの関連性があり
メンツにもトイツにもとれる牌姿の場合は、トイツ0形が有利。

(この場合の関連性とは、ターツの切り方しだいで亜リャンメンまたはノベタンにとれることをいう)

1形にする場合と比較して、もともとの受け入れ枚数も多いし、
ピンフになる枚数も多い。


■ノベタンにとれる場合


・3メンチャン

例 二三四45678(2)(3)(7)(8)(8)(9)

トイツ0形→打(8)

受け入れ 3456789(1)(2)(3)(4)の11種37枚。
リャンメン・ノベタンになる受け入れ 4578(1)(2)(3)(4)の8種26枚。
うちピンフの受け入れ 4578(2)(3)の6種18枚。

トイツ1形→打(7)

受け入れ 369(1)(4)の5種19枚。
ピンフの受け入れ 同上。

ピンフの受け入れが1枚差でトイツ1形のほうがわずか1枚多いが、
ノベタンのテンパイも含めるとトイツ0形が有利か。


・端くっつき3メンチャン

例 (2)(3)(4)56789一二二三六七

トイツ0形→打二

受け入れ 456789五六七八の10種33枚。
リャンメン・ノベタンになる受け入れ 5689五六七八の8種26枚。
うちピンフの受け入れ 5689六七の6種18枚。

トイツ1形→打三

受け入れ 47五八の4種15枚。
ピンフの受け入れ 同上。


・端くっつき連続形

例 (2)(3)(4)67789一二二三六七

トイツ0形→打二

受け入れ 56789五六七八の9種29枚。
リャンメン・ノベタンになる受け入れ 679五六七八の7種22枚。
うちピンフの受け入れ 679六七の5種14枚。

トイツ1形→打三

受け入れ 58五八の4種15枚。
ピンフの受け入れ 同上。


■亜リャンメンにとれる場合

・連続形

例 二三七八九45667(1)(2)(3)(3)

トイツ0形→打(3)

受け入れ 一二三四345678の10種33枚。
ピンフの受け入れ 一二三四3467の8種26枚。

トイツ1形→打(2)

受け入れ 一四58の4種15枚。
ピンフの受け入れ 同上。


・イーペーコウ形

(例) 一二三六七45566(1)(2)(3)(3)

トイツ0形→打(3)

受け入れ 五六七八34567の9種29枚。
ピンフの受け入れ 五六七八356の7種22枚。 

トイツ1形→打(2)

受け入れ 五八47の4種15枚。
ピンフの受け入れ 同上。



これらをピンフの受け入れで比較すると、
連続形>イーペーコウ形>3メンチャン>端くっつき3メンチャン>端くっつき連続形
となる。

これらを受け入れ枚数で比較すると、
3メンチャン>連続形>端くっつき3メンチャン>端くっつき連続形=イーペーコウ形となる。

この記事を読んでためになると思った方はランキングクリック♪

スポンサーサイト
別窓 | Xトイツ打法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2007-03-09 Fri 12:42
トイツ0形で先にターツが完成した後のタンキ待ちの変化について
例 (4)(4)(5)(6)3478五六六七七八

■トイツ0形を選んだ場合

打(4)として3478の4種12枚でピンフの両面テンパイ。
トイツ1形と比べると、ピンフテンパイの枚数が4枚少ない。
先に2-5、6-9の4種16枚ツモの場合もテンパイするが、
必ずタンキ待ちになる。


「その後の変化」

タンキ待ち後は、でき面子の端牌にくっついて亜リャンメンになる。

でき面子がタンヤオ牌で構成される場合は、(タンヤオメンツ)
2種6枚ツモで亜リャンメン。
(例)234の場合は、2か4ツモで亜リャンメン。

でき面子がヤオチュー牌を含む牌で構成される場合は、(端メンツ)
1種3枚ツモで亜リャンメン。
(例)123の場合は、1ツモで亜リャンメン。

4メンツ完成してタンキ待ちなので、すべてタンヤオメンツの場合は、
1メンツにつき2種6枚で亜リャンメンなので、8種24枚で亜リャンメンになる。

こうしてみると、仮に先にターツが完成してタンキ待ちになっても、
亜リャンメンにするのは難しくないといえる。



しかし、これはすべてタンヤオメンツ、しかも他のできメンツの端牌を引いてもフリテンにならないという条件あってのもの。

端メンツがあるごとに、マイナス1種3枚。できメンツの端牌が捨ててあるごとにマイナス1種3枚で考える。

(例) (4)(5)(6)2347三四五七八九

場には(4)が切られている。七八九が端メンツ。
だから8種24枚-2種6枚=6種18枚。で亜リャンメン。

すべてタンヤオメンツで先にメンツが完成して、タンキ待ちになるケースは少ない。
たいていはトイツ1形からの変化や、端メンツが1つはあるので、6種18枚や7種21枚になることがほとんど。

トイツ1形と比べてピンフになる枚数が4枚少なく、
4種16枚ツモのタンキ待ち後に、たいていの場合18~21枚で
亜リャンメンピンフテンパイになる。

ピンフになる手変わりに2段階必要で、しかも亜リャンメンにしかならない。このピンフ変化が、最初の4枚差をうめられるとは思えない。

やはりピンフの手筋では、トイツ1形が手筋だろう。

この記事を読んでためになると思った方はランキングクリック♪

別窓 | Xトイツ打法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2007-02-27 Tue 16:47
トイツ0形とトイツ1形の比較
シュンツ手のイーシャンテンで、未完成ターツ同士の関連性がなく、
メンツにもトイツにもとれる牌姿の場合

例 (4)(4)(5)(6)3478五六六七七八

■トイツ1形を選んだ場合

打(5)か打(6)。雀頭を(4)に固定。

2-5、6-9の4種16枚でピンフの両面テンパイ。

「その後の変化」
安全牌をツモったら、残りの1枚を切っておく。

ターツのうちどれかを引いたら、完全イーシャンテン形になる。
例えば3ツモで、23569(4)の6種20枚で必ずリャンメン待ち。
そのうち、2-5、6-9の4種16枚でピンフテンパイは変わらず。

雀頭候補であった(4)をツモって暗刻になったら、かなり柔軟な形に。
23456789の8種28枚で両面テンパイになる。
そのうち、2-5、6-9の4種16枚でピンフテンパイは変わらず。


■トイツ0形を選んだ場合

打(4)。
23456789の8種28枚でテンパイ。
テンパイチャンスはかなり広い。

そのうち、3478の4種12枚でピンフの両面テンパイ。
トイツ1形と比べると、ピンフテンパイの枚数が4枚少ない。

そのうち、2-5、6-9の4種16枚で必ずタンキ待ちになる。

「まとめ」

テンパイチャンスの手筋なら0トイツ形、
ピンフの手筋なら1トイツ形を選ぶ。


この記事を読んでためになると思った方はランキングクリック♪

別窓 | Xトイツ打法 | コメント:2 | トラックバック:1 |
2007-02-26 Mon 16:03
トイツ4形、トイツ5形まとめ
メンツ手かチートイツかの判断基準として1番関係する要素は、
メンツの出来やすさである。

しかしメンツができやすいという状況の明確な条件づけが困難。
よって「状況による」ことになってしまい、
現状のところセオリーとして確立できていない。

ある程度目安として使えるものはシャンテン数の比較くらいである。


他にも手役に関することであれば、トイツ4形・5形・6形の場合にチートイツにいくかトイトイにいくかの判断なども、明確にできていない。

これらは今後の研究課題とする。

この記事を読んでためになると思った方はランキングクリック♪

別窓 | Xトイツ打法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2007-02-24 Sat 17:29
チートイツとメンツ手、シャンテン数の比較2
メンツ手とチートイツの選択において
ある程度基準となるものはシャンテン数の比較

同じシャンテン数でもチートイツとメンツ手の受け入れ枚数の差は
かなり大きく、チートイツはシャンテン数を1つ増やして考えるくらいでよい。


以上のことから、

■シャンテン数がチートイツ<メンツ手の場合は
メンツ手ができやすい

■メンツ手と同じか1シャンテン進んでいるチートイツなら
両てんびんにかける(メンツのできやすさなど、状況による)

■メンツ手より2シャンテン進んでいるチートイツなら
チートイツができやすい


といえます。

結局チートイツとメンツ手で悩むパターンで一番多い「メンツ手と同じか1シャンテン進んでいるチートイツ」が状況によることになってしまいますが、まあしょうがないでしょう。

これからもこの分野は研究を続けていきたいと思います。

この記事を読んでためになると思った方はランキングクリック♪

別窓 | Xトイツ打法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2007-02-23 Fri 18:09
チートイツとメンツ手、シャンテン数の比較
単独トイツ5つの場合のみ、チートイツが速い。
それ以外は状況による。

でもまあそれだけじゃなんなんで、
少し基準となるものを書いておきます。


メンツ手とチートイツの選択において
ある程度基準となるものは

シャンテン数の比較です。


まずはチートイツとメンツ手、
同じシャンテン数で比較してみましょう。

■メンツ手の完全リャンシャンテン、受け入れ9種30枚。

例 三三四七八九(5)(5)(6)4467


■メンツ手の完全イーシャンテン、受け入れ6種20枚。

例 三三四七八九(5)(6)44567
 

■チートイツのリャンシャンテン、受け入れ5種15枚

例 東東南南三三八八19(8)白中

メンツ手の完全イーシャンテンよりも受け入れ枚数が少ない。
メンツ手の安全牌を抱えたリャンメンターツ2組(受け入れ16枚)と、
やっと同じくらいです。


■チートイツのイーシャンテン、受け入れ3種9枚

例 東東南南三三八八(8)(8)1白中


このことからわかるように、たいていの場合において
同じシャンテン数でもチートイツとメンツ手の受け入れ枚数の差は
かなり大きいといえます。

チートイツはシャンテン数を1つ増やして考える
という言葉は、ここからきたものでしょう。

この記事を読んでためになると思った方はランキングクリック♪

別窓 | Xトイツ打法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2007-02-22 Thu 21:43
単独トイツ4つ以下はセオリーが確立できない
メンツとリャンメンターツの数が多く、
単独トイツが少ないほど、メンツ手になりやすい

メンツ手とチートイツの判断ですが、
いろいろ考えた結果ちょっと困ったことになりました。

単独トイツ4つ以下は明確な条件づけが困難です。
「状況による」ことになってしまい、セオリーとして確立できません。


たとえば単独トイツが4つの場合ですが、

三三七七(4)(4)(8)(8)345678

上記なら(8)あたりを切ってメンツ手に
もっていくほうが速くテンパイするでしょう。

メンツを切ってまでチートイツにいくことはないでしょう。


少し変えて

西西北北一一九九138(4)(6)(8)

上記なら(6)あたりを切って、チートイツの方が速そうです。
トイツを一つ落としたところで、他のターツが不十分で、
単独トイツ自体も端牌で伸びません。

単独トイツ4つ以外の6枚によって、
メンツ手がよかったりチートイツがよかったりします。

これが単独トイツ3つになったり、トイツが複合形になったら
もっと微妙な牌姿が増えるので、同様にセオリーが確立できません。

この記事を読んでためになると思った方はランキングクリック♪

別窓 | Xトイツ打法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2007-02-10 Sat 19:41
単独トイツが5つの場合
メンツとリャンメンターツの数が多く、
単独トイツが少ないほど、メンツ手になりやすい

それだけでは漠然としているので、
具体的に場合わけしていこうと思います。


まずは単独トイツの数に注目してみます。

■単独トイツが5つある場合

これは以前なら無条件でトイツ手でいいと思っていました。
しかし、メンツが1つあり、単独トイツがすべてタンヤオ牌であった
場合にはちょっと迷いますね。

例 (3)(3)(7)(7)三三七七225678 

この場合において、タンヤオ牌のトイツがすべてリャンメントイツになると仮定すれば、メンツ手もそう難しくないのかもしれません。
ですが実際にはカンチャントイツやペンチャントイツになることもあり、どれくらいテンパイしやすいか計算はできませんが、結局はトイツ手の方が速いかなと思います。


【まとめ】

単独トイツが5つの場合はトイツ手でよい。


この記事を読んでためになると思った方はランキングクリック♪

別窓 | Xトイツ打法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2007-02-09 Fri 23:31
メンツ手の出来やすさはどのようにして決まるのか?
メンツ手かトイツ手かの判断に1番関係する要素は、
メンツの出来やすさです。


では、具体的にメンツの出来やすさはどのようにして決まるのか?


大きくわけて2つあります。

1つはメンツの数です。
メンツの数が多ければメンツ手になりやすいのは明白です。
2メンツもあれば、ほとんどメンツ手になるでしょう。

それに加えて
メンツの一歩手前のリャンメンターツの数も
かなり関係してくると思われます。


もう1つは単独トイツの数です。

たいていメンツ手とトイツ手との天秤になる場合は、
トイツはリャンメントイツ、カンチャントイツ、ペンチャントイツの
複合形になっています。

単独トイツは暗刻にならないとメンツにならないので、
そのままトイツとして残りやすいのです。

ですから単独トイツが多いほど、
チートイツになりやすいといえます。


【まとめ】

メンツとリャンメンターツの数が多く、
単独トイツが少ないほど、メンツ手になりやすい


この記事を読んでためになると思った方はランキングクリック♪

別窓 | Xトイツ打法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2007-02-08 Thu 17:14
メンツ手かトイツ手かの判断材料
トイツ4形と5形の場合は、
チートイツがトイツ7個でできるのでチートイツにも近く、
かといってメンツ手でもいける場合が多く、
もっとも難しく迷うところでしょう。

メンツ手かトイツ手かの判断基準は、人によって様々です。

トイツ系が好きな人は3トイツくらいから
チートイツを目指す人もあれば、
チートイツが嫌いで、すぐにトイツをターツにしてしまう人もいます。

その日その時の気分で決める人もいるでしょう。
上級者でも、自分でしっかりと線引きしている人は少ないです。

昔からよく言われていることに、
「トイツが4つあったらチートイツを狙うのもあり。
トイツが5トイツになったらチートイを狙いましょう。」

というものがあります。

しかし、これはかなり大雑把な分け方です。

これはすでにオールドファッションセオリー(時代遅れの理論)
といってもよいでしょう。


実はトイツの数よりも大切なものがあります。

メンツ手かトイツ手かの判断に1番関係する要素は、メンツの出来やすさです。
メンツが出来にくい手なら、対子手のチートイツを狙うほうがよいのです。

この記事を読んでためになると思った方はランキングクリック♪

別窓 | Xトイツ打法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 理想ノート | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。