私が知る限りの麻雀戦略、麻雀戦術、麻雀知識、思いついたことなどを書き記すノート

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-04-30 Mon 22:01
牌理・手順・手筋
予定を変更して、麻雀用語の解説をする前に、
「定義されている・いない麻雀用語について、定義されることのメリット」などを書いていきます。

牌理、手順、手筋についても、後日にもう少し詳しく分かりやすく書き直す予定です。



麻雀用語というのは、とにかく難しい。

そもそも造語が多いし、使う人によって定義が違ったりして、
意味が通じないこともある。

もともとの意味というのはあっても、それを勘違いしていたり、
勝手に解釈を変えたりするから分からなくなるのかなぁ。

自分なりに用語の定義をしっかりとしておくことは大切です。
また自分で定義しておくことで、今後の自分のフォームにおける理解の手助けになるでしょう。

現在までに「麻雀観、フォーム、雀風」「戦略・戦術」などを定義づけてきました。

過去の麻雀解説についてはこちら



第3段は、「牌理・手順・手筋」です。

私の定義では・・・

■牌理とは?

「土井泰昭プロ(どい~ん)」が考えた造語です。

著書の「土井泰昭の麻雀 完全牌理」を読む限り、
『麻雀牌の組み合わせに関する理論』という意味でしょう。

例えば、
19牌より456牌の方がターツになりやすい。
ペンチャンよりカンチャンの方を優先する。
トイツ3組以上は効率が悪い。
などでしょうか。


■手順とは?

牌を切っていく順番のこと。
あるHPでは「アガリに向けて牌を切っていく順番」と書いてありましたが、
これは間違いです。

手順とは、ベタオリをするときなどにも使うからです。

手順には、正しい・正確であるというニュアンスが含まれています。
ですが、手順は打ち手の側の理解レベルによって異なるものです。
ですから、正しい手順というのは人それぞれ違うわけです。

よって牌理に基づいた手順といっても、それが必ずしも正しいとは限りません。


■手筋とは?

手牌の方針を決める分岐点になる局面においての打牌のこと。

使い方としては、
ピンフの手筋ならこれを切って、トイツ手の手筋ならこれを切る。
トイツ手ならこれ、シュンツ手ならこれ。
という感じです。


序盤は手順。あるところまで手が進んで、
手役・トイツ手、シュンツ手などの分岐点での1打は手筋。
という感じでしょうか。

スポンサーサイト
別窓 | 牌理 | コメント:2 | トラックバック:0 |
2007-04-28 Sat 23:04
ブログタイトルの変更について
いろいろありまして、このブログは名前を変更することにしました。

(旧)日刊現代麻雀 ⇒ (新)理想ノート

どこかで見たような題名だなぁというツッコミはなしでw

結局サブブログとして使っていた(旧)理想ノートを、
日刊現代麻雀に併合するという形をとりましたが、

・まったく日刊じゃないw 
・ネタはたいてい本ブログかミクシィに書くため戦術しか書いていない。

上記理由で、それなら理想ノートのままでいいじゃないか。ということです。


このブログは相互リンクのお願いをほとんどしていないのですが、
リンクしていただいている方は、お手数ですがブログタイトルの変更を
よろしくお願いします。

またこれを機会に相互リンクもお待ちしています。


かなり戦術で書きたいことが増えてきたので、
これからどんどん更新していく予定です。

これからも本ブログ同様よろしくお願いしたします。
別窓 | このブログについて | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 理想ノート |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。