私が知る限りの麻雀戦略、麻雀戦術、麻雀知識、思いついたことなどを書き記すノート

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-10-16 Mon 18:07
麻雀の成績に大きく影響のある技術・寄与率が高い技術
理想ノート


以前に、
雀力の向上=麻雀の効果的な学習・実践×時間

という記事を書きました。

効果的な学習・実践というのは、
麻雀の成績に大きく影響のある技術・寄与率が高い技術です。


それは具体的にどういったものであるか?

麻雀は点数の多さで勝負が決まります。
ですから点数が実際に動く要素が、1番寄与率が高いという事です。

すなわち、和了、放銃、(流局によるノーテン罰符)
に関わる出来事です。


和了・放銃に関わることは、ほとんど局の終盤に集中しています。

終盤の技術>中盤の技術>序盤の技術

という事です。

ですから、序盤のうちの字牌、端牌整理は少々ミスをしてもあまり勝負には影響しません。
すなわちレアセオリーだという事です。

それに比べ、終盤で仕掛けやリーチが入っている時の押し引きというのは、直接的に和了・放銃に関係します。
勝負に大きく影響します。

ですから押し引きの技術は、
麻雀においてもっとも大切だという事です。


それを意識して学習・実践を行う必要があります。

ずっと南を切るか西を切るか、どちらの端牌を切るかを
研究するよりも、押し引きのバランスを考えて実践を繰り返す
必要性の方が高いといえます。
面白かったらランキングクリック♪

スポンサーサイト
別窓 | 麻雀の本質にせまる麻雀観 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<< ロン2プチ最強位戦は一見の価値あり! | 理想ノート | 家庭と麻雀を両立するためにどうするか?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
ふふふ、ブログに慣れてきたのじゃ。 今日もがんばって麻雀に関係することを紹介していくぞい。 …
| 理想ノート |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。