私が知る限りの麻雀戦略、麻雀戦術、麻雀知識、思いついたことなどを書き記すノート

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-11-23 Thu 22:11
雀頭は内に寄せるか端に寄せるか?
昔は雀頭は端によせるのが基本でした。

それは、中盤以降に端牌のトイツ落としで受けが効くからです。


しかし現在では、雀頭は内に寄せていくのが基本になります。

内に寄せていく利点としては、

・タンヤオがつきやすい

打点も高くなるし、柔軟な手牌になる。


・内側のトイツの方が、後の変化が多い

タンヤオ牌、特に3~7牌の場合は、リャンメン変化が2種類ある。
28牌でも1種類ある。端牌だと変化しない。


・完全イーシャンテンに組める可能性がある

完全イーシャンテンには、リャンメントイツが必要。
より内側のトイツの方が、リャンメントイツになりやすい。


【まとめ】

トイツ落としをする際には、
雀頭を端に寄せるのは、守備的
雀頭を内に寄せるのは、攻撃的

基本は内に寄せる方が有利だが、
・和了れそうにない手
・タンヤオがつきにくい手

の場合は、端に寄せるのもあり。

トップ目の場合、場況で判断する。
クイタンで速攻で和了れそうな手なら、
多少リスクを犯して内に寄せるのもあり。
それ以外なら端に寄せる方がいい。

面白かったらランキングクリック♪

スポンサーサイト
別窓 | Xトイツ打法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<トイツ3形 | 理想ノート | トイツ2形>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 理想ノート |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。