私が知る限りの麻雀戦略、麻雀戦術、麻雀知識、思いついたことなどを書き記すノート

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-11-27 Mon 23:52
トイツ3形の補足
■トイツ3形の補足

基本的に3個のトイツの中から1個を捨てていきます。
とありますが、これは単独トイツのことです。

リャンメントイツ、カンチャントイツ、ペンチャントイツなどの複合形を含めて
トイツが3組ある場合は、残すのもありです。


これらの複合形は、受け入れも多いためです。
そもそもトイツが3組以上あっても、トイツは1種2枚しか受け入れがありません。
だから払っていくのです。
ですが、リャンメントイツは3種10枚、カンチャントイツ、ペンチャントイツは
2種6枚の受け入れがあります。

このことからも複合形の場合は、トイツが3組あっても残して手を進めたほうが
よい場合があります。

こうして手いっぱいで進めていくと、完全イーシャンテンの前段階、
完全リャンシャンテンにとれる場合がでてきます。

完全リャンシャンテン

例 三三四七八九(5)(5)(6)4467

メンツ1組+トイツ+リャンメントイツ2組+リャンメンターツで構成される形。
どの有効牌をひいても、完全イーシャンテンになる。

それでもこれはイーシャンテンまでです。
イーシャンテンの段階では、トイツは2組までが効率いいからです。

面白かったらランキングクリック♪

スポンサーサイト
別窓 | Xトイツ打法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<トイツ落とし その1 | 理想ノート | トイツ3形>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 理想ノート |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。