私が知る限りの麻雀戦略、麻雀戦術、麻雀知識、思いついたことなどを書き記すノート

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-12-06 Wed 18:28
トイツ落とし その2
3.牌の伸び

例 五五六七八(1)(3)(9)(9)34789

原則に従うなら(9)切り。だがこの場合は
五を切る。ピンズの(1)(3)カンチャンターツがあるため、
マンズを五六七八のノベタンに受け、マンズが伸びたら
カンチャンターツ落とし。

上記の例でいえば、ピンズの(1)(3)が(2)(3)ならば、マンズを
ノベタンにして牌の伸びを考える必要はなく、(9)切りでよい。

このようにターツに不安がある(リャンメンターツではない)場合は、その後の牌の伸びによってリャンメンターツ作りができる形、ノベタンや中ぶくれなどの形を大事にして、牌の伸びを考える。


4.複合形

例 二三四七八(3)(3)(5)(5)77白白白 ドラ三

打(3)か(5)。
7を切ると、受け入れ枚数が少ない。
このようにトイツと複合形という形に取る方が、
トイツ2組よりも受け入れが広い。

面白かったらランキングクリック♪

スポンサーサイト
別窓 | Xトイツ打法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<更新再開します。 | 理想ノート | トイツ落とし その1>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 理想ノート |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。