私が知る限りの麻雀戦略、麻雀戦術、麻雀知識、思いついたことなどを書き記すノート

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-02-08 Thu 17:14
メンツ手かトイツ手かの判断材料
トイツ4形と5形の場合は、
チートイツがトイツ7個でできるのでチートイツにも近く、
かといってメンツ手でもいける場合が多く、
もっとも難しく迷うところでしょう。

メンツ手かトイツ手かの判断基準は、人によって様々です。

トイツ系が好きな人は3トイツくらいから
チートイツを目指す人もあれば、
チートイツが嫌いで、すぐにトイツをターツにしてしまう人もいます。

その日その時の気分で決める人もいるでしょう。
上級者でも、自分でしっかりと線引きしている人は少ないです。

昔からよく言われていることに、
「トイツが4つあったらチートイツを狙うのもあり。
トイツが5トイツになったらチートイを狙いましょう。」

というものがあります。

しかし、これはかなり大雑把な分け方です。

これはすでにオールドファッションセオリー(時代遅れの理論)
といってもよいでしょう。


実はトイツの数よりも大切なものがあります。

メンツ手かトイツ手かの判断に1番関係する要素は、メンツの出来やすさです。
メンツが出来にくい手なら、対子手のチートイツを狙うほうがよいのです。

この記事を読んでためになると思った方はランキングクリック♪

スポンサーサイト
別窓 | Xトイツ打法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<メンツ手の出来やすさはどのようにして決まるのか? | 理想ノート | 複合形について>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 理想ノート |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。