私が知る限りの麻雀戦略、麻雀戦術、麻雀知識、思いついたことなどを書き記すノート

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-02-09 Fri 23:31
メンツ手の出来やすさはどのようにして決まるのか?
メンツ手かトイツ手かの判断に1番関係する要素は、
メンツの出来やすさです。


では、具体的にメンツの出来やすさはどのようにして決まるのか?


大きくわけて2つあります。

1つはメンツの数です。
メンツの数が多ければメンツ手になりやすいのは明白です。
2メンツもあれば、ほとんどメンツ手になるでしょう。

それに加えて
メンツの一歩手前のリャンメンターツの数も
かなり関係してくると思われます。


もう1つは単独トイツの数です。

たいていメンツ手とトイツ手との天秤になる場合は、
トイツはリャンメントイツ、カンチャントイツ、ペンチャントイツの
複合形になっています。

単独トイツは暗刻にならないとメンツにならないので、
そのままトイツとして残りやすいのです。

ですから単独トイツが多いほど、
チートイツになりやすいといえます。


【まとめ】

メンツとリャンメンターツの数が多く、
単独トイツが少ないほど、メンツ手になりやすい


この記事を読んでためになると思った方はランキングクリック♪

スポンサーサイト
別窓 | Xトイツ打法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<単独トイツが5つの場合 | 理想ノート | メンツ手かトイツ手かの判断材料>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 理想ノート |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。