私が知る限りの麻雀戦略、麻雀戦術、麻雀知識、思いついたことなどを書き記すノート

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-02-10 Sat 19:41
単独トイツが5つの場合
メンツとリャンメンターツの数が多く、
単独トイツが少ないほど、メンツ手になりやすい

それだけでは漠然としているので、
具体的に場合わけしていこうと思います。


まずは単独トイツの数に注目してみます。

■単独トイツが5つある場合

これは以前なら無条件でトイツ手でいいと思っていました。
しかし、メンツが1つあり、単独トイツがすべてタンヤオ牌であった
場合にはちょっと迷いますね。

例 (3)(3)(7)(7)三三七七225678 

この場合において、タンヤオ牌のトイツがすべてリャンメントイツになると仮定すれば、メンツ手もそう難しくないのかもしれません。
ですが実際にはカンチャントイツやペンチャントイツになることもあり、どれくらいテンパイしやすいか計算はできませんが、結局はトイツ手の方が速いかなと思います。


【まとめ】

単独トイツが5つの場合はトイツ手でよい。


この記事を読んでためになると思った方はランキングクリック♪

スポンサーサイト
別窓 | Xトイツ打法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<単独トイツ4つ以下はセオリーが確立できない | 理想ノート | メンツ手の出来やすさはどのようにして決まるのか?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 理想ノート |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。