私が知る限りの麻雀戦略、麻雀戦術、麻雀知識、思いついたことなどを書き記すノート

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-03-18 Sun 22:26
トイツ0形とトイツ1形の比較 その2
シュンツ手のイーシャンテンで、メンツとターツの関連性があり
メンツにもトイツにもとれる牌姿の場合は、トイツ0形が有利。

(この場合の関連性とは、ターツの切り方しだいで亜リャンメンまたはノベタンにとれることをいう)

1形にする場合と比較して、もともとの受け入れ枚数も多いし、
ピンフになる枚数も多い。


■ノベタンにとれる場合


・3メンチャン

例 二三四45678(2)(3)(7)(8)(8)(9)

トイツ0形→打(8)

受け入れ 3456789(1)(2)(3)(4)の11種37枚。
リャンメン・ノベタンになる受け入れ 4578(1)(2)(3)(4)の8種26枚。
うちピンフの受け入れ 4578(2)(3)の6種18枚。

トイツ1形→打(7)

受け入れ 369(1)(4)の5種19枚。
ピンフの受け入れ 同上。

ピンフの受け入れが1枚差でトイツ1形のほうがわずか1枚多いが、
ノベタンのテンパイも含めるとトイツ0形が有利か。


・端くっつき3メンチャン

例 (2)(3)(4)56789一二二三六七

トイツ0形→打二

受け入れ 456789五六七八の10種33枚。
リャンメン・ノベタンになる受け入れ 5689五六七八の8種26枚。
うちピンフの受け入れ 5689六七の6種18枚。

トイツ1形→打三

受け入れ 47五八の4種15枚。
ピンフの受け入れ 同上。


・端くっつき連続形

例 (2)(3)(4)67789一二二三六七

トイツ0形→打二

受け入れ 56789五六七八の9種29枚。
リャンメン・ノベタンになる受け入れ 679五六七八の7種22枚。
うちピンフの受け入れ 679六七の5種14枚。

トイツ1形→打三

受け入れ 58五八の4種15枚。
ピンフの受け入れ 同上。


■亜リャンメンにとれる場合

・連続形

例 二三七八九45667(1)(2)(3)(3)

トイツ0形→打(3)

受け入れ 一二三四345678の10種33枚。
ピンフの受け入れ 一二三四3467の8種26枚。

トイツ1形→打(2)

受け入れ 一四58の4種15枚。
ピンフの受け入れ 同上。


・イーペーコウ形

(例) 一二三六七45566(1)(2)(3)(3)

トイツ0形→打(3)

受け入れ 五六七八34567の9種29枚。
ピンフの受け入れ 五六七八356の7種22枚。 

トイツ1形→打(2)

受け入れ 五八47の4種15枚。
ピンフの受け入れ 同上。



これらをピンフの受け入れで比較すると、
連続形>イーペーコウ形>3メンチャン>端くっつき3メンチャン>端くっつき連続形
となる。

これらを受け入れ枚数で比較すると、
3メンチャン>連続形>端くっつき3メンチャン>端くっつき連続形=イーペーコウ形となる。

この記事を読んでためになると思った方はランキングクリック♪

スポンサーサイト
別窓 | Xトイツ打法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ブログタイトルの変更について | 理想ノート | トイツ0形で先にターツが完成した後のタンキ待ちの変化について>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 理想ノート |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。