私が知る限りの麻雀戦略、麻雀戦術、麻雀知識、思いついたことなどを書き記すノート

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-05-08 Tue 19:18
麻雀用語に共通する点
麻雀用語はたくさんある。

その中でも長い間定着してきた、頻繁に使われる基本的な用語は、人によっては多少ニュアンスの違いこそあれ、定義がはっきりしている。


一方、定義がはっきりしない用語もいくつかある。

デジタル、オカルト、流れ、牌効率、期待値・・・

デジタル派は、しばしば「オカルト派の流れというのは、とてもあいまいなもので…」と言うが、デジタル派の牌効率や期待値も流れと同様、かなりあいまいに使われている。そもそもデジタルやオカルト自体も定義がはっきりしていないが…


【これらの多くに共通する点】

■だれかによって作られた新しい言葉=造語である。

■いつ、だれによって作られた造語かは、よく分からないことが多い。
 ⇒たいていは麻雀漫画や麻雀プロによってである

■元々の定義もはっきりしていない。
 ⇒はじめから明確な定義がされずに使われていたのでは?

■一時期流行していた造語が、現在定着したままである
 ⇒造語を信じてしまう人が多く、定義しようとする人もいなかった

この記事を読んでためになると思った方はランキングクリック♪

スポンサーサイト
別窓 | 麻雀用語の定義 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<意味があいまいな造語を、理解した気になって信じてしまう人の特徴 | 理想ノート | 今後の麻雀用語の定義について>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 理想ノート |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。