私が知る限りの麻雀戦略、麻雀戦術、麻雀知識、思いついたことなどを書き記すノート

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-11-05 Mon 21:31
麻雀用語を専門用語、俗語、造語に分けてみる
麻雀用語とは、麻雀に関する用語です。
専門用語、俗語、造語などがあります。
ひとつずつ見ていきましょう。


専門用語とは・・・
ある特定の職業に従事する者や、ある特定の学問の分野、
業界等の間でのみ使用され、通用する言葉・用語群。

専門用語が成立するには、

1.他の分野で使用しないモノ・動作などの名前
2.その分野でのみ頻用される語であるために省略する

などが考えられる。


俗語とは・・・
本来の表現が別に存在する非公式の語であり、
正式な場所・公的な文章には用いられない単語あるいは言い回しの総称。
いわゆる流行語もこれら俗語の範疇に含まれる。

ある言葉が誤用されているうち、それが定着して正当な用法として
受け容れられるようになった例もある。

(例)デジタル、オカルト、ひっかけ、迷彩、アツい


造語とは・・・
新たに語(単語)を造ることや、
既存の語を組み合わせて新たな意味の語を造ることを指す。
また、そうして造られた語のことも指す。
造られた語については、「新語」または「新造語」とも呼ばれる。
接辞や孤立語的な単語の連結を用いて造語することが一般的である。

造語が行われるのは、主に次のような場合である。

それまでに無かった新しいもの(発明品や製品)に命名する場合。
適当な訳語の無い、外来の言葉やものを示そうとする場合。
既存の言葉で表すと冗長となるものを短縮しようとする場合。

(例)牌効率、牌理、雀風、麻雀観


「まとめ」

定義がはっきりしているもの 専門用語(ルール、物、動作などの用語)
定義がはっきりしていないもの 俗語、造語(主に戦術やスタイルを表す用語)
(例)俗語:デジタル、オカルト、ひっかけ、迷彩、アツい
  造語:牌効率、牌理、雀風、麻雀観

この記事を読んでためになると思った方はランキングクリック♪

スポンサーサイト
別窓 | 麻雀用語の定義 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<麻雀観とは | 理想ノート | 定義についての問題解決方法>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 理想ノート |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。