私が知る限りの麻雀戦略、麻雀戦術、麻雀知識、思いついたことなどを書き記すノート

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-07-11 Fri 14:11
チーム戦の戦略 勝利条件がトばずにトップの場合 補足
■トップ役とアシスト役を決める

平場では普通に打つ。
点数が大きく動いたときには、トップ役とアシスト役を決める

以下のような条件が整ったら、トップ役に徹した方がよい。
・点数が35000点以上ある場合
・35000点未満でも、相方より2万点近く点数を持っている場合

トップ役とそのアシスト役の立ち回りは、当然違ったものになる。
アシスト役のほうが多少難しいかも。

■トップ役の立ち回り
◎相手チームのトップ役よりも多く点数を稼ぐ。
・相手チームのアシスト役の攻撃には、多少オリ気味で

■アシスト役の立ち回り
◎トばない
・相手チームのトップ役の点数を削る
・極力味方チームのトップ役の点数を削らない
(見逃す、高い手をツモ和了して親かぶりさせない
 トップ役がベタオリに困っているようなら、犠牲になって安牌を増やす)
・味方チームのトップ役に、役牌や急所の牌を鳴かせる


■平場の見逃しについて

平場なら12000点くらいまでは、味方からあたってもいいかも。
16000点以上を味方からあがるのは、さすがにやりすぎだが。
それでトップ役は点数を多く持てることになる。
敵の明確な攻撃があったら、なおさら和了しておいたほうがいい。

■ブラフについて

基本的にやらないほうがいい。
敵チームをだますことのメリットよりも、
味方チームの相方をだまして連携が取れなくなるデメリットのほうが大きい。

スポンサーサイト
別窓 | チーム戦 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<天鳳の大会でのルール見直しと戦略 | 理想ノート | 天鳳五段に降段>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 理想ノート |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。